スタッフブログ

内多 広一-Hirokazu Uchida

エバボレーター交換

[2018/10/08]

スタッフ:
内多 広一-Hirokazu Uchida
カテゴリー:
メンテナンスTips
写真の場所はフロントの室内です。


ハンドルもメーターも何も無い状態に


なってしまいました。


今回、エアコンの修理にて


エバポレーターを交換する為に


ダッシュボードをゴッソリ取り外し


エアコンユニットをゴッソリ取り外し

これが取り外したエアコンユニットです。


この中に暖かい風を出す為のヒーターと


冷たい風を出す為のエバポレーターが


入っております。



このユニット内の構造を部屋で例えて


見たいと思います。


家の部屋に『暑い部屋』と『冷たい部屋』


この2部屋が隣に並んでいます。


この2部屋の扉を開けた先は廊下です。


『冷たい部屋』の扉だけ開けると


廊下には冷たい風が流れ込んできて


廊下は涼しくなりますよね。


逆に


『暑い部屋』の扉だけ開けると


廊下には暑い風が流れ込み暑くなります。


では


『暖かい部屋』は?


この場合は2部屋の扉を両方開けます。


そうすると暑いと冷たいが混ざり


暖かい空気になる。


んーなんか大雑把ではありますが


こんな感じのイメージです。




今回は『冷たい部屋』にする為の


エバポレーターに問題があり


修理をいたしました。



これでエアコンユニットは


バッチリ直りましたので


ご安心してお乗りできます。



現在のエアコン不具合は


エアコンユニットだけではなく


コンピューターにて制御されている


部分もあるので、エアコンユニットの


故障ではなく、その他の故障が原因で


エアコンが作動しない時があるので


診断機を用いて診断する事もあります。


お困りの時はお気軽にご相談ください。



今回はこの辺りで失礼します。


では!!

牟田 健-Takeru Muta

ウインタータイヤ&ホイールキャンペーンのお話し!!

[2018/10/01]

スタッフ:
牟田 健-Takeru Muta
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆さんこんにちは。
サービスフロントの牟田です。

大好評でしたエンジンオイル&フィルター交換キャンペーンは終わってしまいましたが、10月からももちろん新しいキャンペーンが始まっております!!

その名も


『ウインタータイヤ&ホイールキャンペーン』


です。
まだまだ暑いのにもうスタッドレス?
と皆さん思っているかもしれませんが、

『雪が降ってからでは遅いのです!!』

『そしてシーズン前だから安いのです!!』


猛暑の年の冬は雪が多いらしいのでこの機会にご購入をご検討頂ければ幸いです。

スタッドレスタイヤはゴムの柔らかさが重要です。
溝が残っていても経年劣化で表面が硬くなっている場合もありますので要注意です。

保管場所が無い。タイヤを車に積んだり、降ろしたりが面倒。というお客様には弊社にてタイヤ&ホイールセットの預かりシステムも準備しております。
タイヤ(ゴム)の話しをしましたが、ワイパーゴムは大丈夫ですか?

梅雨、ゲリラ豪雨、台風

ワイパーを酷使したのではないでしょうか?


ふき取りがきになるお客様。交換ご予約お待ちしております。
もちろんチェックもいたします。



上記の相談以外にも気になる事は気軽にサービスフロントの牟田まで相談下さい。

杉村 光輝-Koki Sugimura

消耗品part2

[2018/09/24]

スタッフ:
杉村 光輝-Koki Sugimura
カテゴリー:
メンテナンスTips
皆さんこんにちは!
杉村です!

今回も消耗品の紹介です!

今回は交換しないと危険なブレーキパットです。
左が新品、右が外したパットです!

パットが無くなってしまうと車が止まらなくなり大変危険です!

減ってきたら早めの交換をおすすめします!

小野田 賢造-kenzo Onoda

スペシャルな・・・。

[2018/09/17]

スタッフ:
小野田 賢造-kenzo Onoda
カテゴリー:
メンテナンスTips
シトロエン名古屋中川の小野田です。


ちょっと出番が来るかもと思い、ある特殊工具を
探しています。


ここのところ、工具棚の整理が出来ていなかったので、ついでにキレイにしたいと思います。


キレイにしたところは、また次の機会にでも・・・。












以上です!  店長!!

内多 広一-Hirokazu Uchida

年を取ると。。。

[2018/09/10]

スタッフ:
内多 広一-Hirokazu Uchida
カテゴリー:
メンテナンスTips
冷却水がすぐ減ってしまうとのご用命を受け


点検をした所、冷却回路のパイプの部分に


ヒビが入っており、そこから冷却水が漏れて


いました。(写真は折れていますが、取り外す


時にヒビの部分から折れました...)


ヒビの部分は樹脂で出来ており


お乗りになる年数が多くなると


樹脂が硬化し、振動や些細な衝撃で


ヒビや割れが発生しやすくなってきます。


点検で冷却水等の漏れを点検する事は可能なので


定期的なメンテナンスが一番のおすすめです。


人と一緒ですね。。。


では。